おまちください

やまなみ五湖探訪

里の案内人

水源地域4市町村の中で、「地域づくり・地域の活性化等の分野でリーダーとして活動されている方」や「地元イベント等においてインストラクターやガイドとして活動されている方」など、地域で精力的に活動されている方を市町村からご推薦いただき、「里の案内人」として、その活動内容をインタビュ−やブログでご紹介しています

里の案内人
  • 丹沢湖
  • 2018年11月12日

本質を追求し、知恵と体験を届ける教育者ーNPO法人共和のもり 富山基録さん

神奈川県足柄上郡山北町、丹沢湖近くの標高400Mほどの、大野山の中腹。旧共和村(1955年に共和村・三保村・清水村が合併)の名称を受け継ぐこの地域に、様々なことを仕掛ける70代の男性が2人います。今回はそのおひとりであるNPO法人共和のもり 副理事長の富山基録(とみやま・きろく)…

  • 津久井湖
  • 2018年10月15日

津久井と写真の共通点を見つめる
-NPO法人里山津久井をまもる会 安川源通さん

リバートレッキングやデイキャンプ、デジカメ自然散策、農作物の栽培など、自然を満喫できるイベントが、都心からも日帰りで気軽に行ける神奈川県相模原市緑区(旧津久井町)で行われています。 今回は、毎年多くの参加者が集まるこれらのイベントを主催する、「NPO法人 里山津久井をまもる会」の…

  • 宮ヶ瀬湖
  • 2018年9月10日

自然は大きな宝箱。ふるさとを探しにおいで。
ー鳥居原ふれあいの館 坂本勝津雄さん

「ストレス社会」とも言われる現代、ほっと一息つける場所としてオススメしたいのは、相模原市立「鳥居原ふれあいの館(いえ)」です。 宮ヶ瀬湖の湖畔にある農産物直売型の交流施設であるこちらでは、人が自然の一部であることを実感できるようなイベントが毎月たくさん開催されています。 風のよう…

  • 宮ヶ瀬湖
  • 2018年7月30日

伝統産業を現代に語り継ぐ「糸の町半原」の生き字引 ー レインボープラザ(愛川繊維会館) 落合勝司さん

  宮ヶ瀬ダムから車で10分ほど。自然豊かな中津川沿いにある愛川町は、古くから「糸の町半原」と呼ばれ、伝統産業が盛んな地域です。 蛍が舞い初夏を感じる気候の中、里の案内人のひとり、レインボープラザ(愛川繊維会館)館長 落合勝司(おちあい・かつじ)さんを訪ねました。 土日…

  • 宮ヶ瀬湖
  • 2016年11月25日

里の案内人・坂本勝津雄さんの魅力に迫る!

相模原市緑区鳥屋

秋が深まるなか、宮ケ瀬湖も紅葉シーズンを迎えております。 宮ケ瀬湖を一望できる「相模原市立鳥居原ふれあいの館(いえ)」でも、樹木がきれいに赤く色づいています。 今回は、鳥居原ふれあいの館の館長に就任された里の案内人・坂本勝津雄さんにお話を伺いました。 なんと、坂本さんへのインタビ…

  • 宮ヶ瀬湖
  • 2016年3月16日

地域住民が集い、気軽に交流できる場「結の樹よってけし」

愛甲郡清川村

清川村煤ヶ谷で、2014年9月より、地域住民が集い、気軽に交流できる場として活動をスタートさせた「結の樹よってけし」の代表者岩澤克美さんにお話をうかがいました。 ※2015年10月13日に、NPO法人化し、活動中。 <NPO法人 結の樹よってけし 岩澤さん談> 私は10年前に山梨…

  • 宮ヶ瀬湖
  • 2015年11月13日

レインボープラザ(愛川繊維会館)、体験学習レポート

愛甲郡愛川町半原

先日、レインボープラザ(愛川繊維会館)で開催された体験学習に参加しました。当日は、横浜市立中沢小学校の教職員と子どもたち総勢135名が参加し、 ・手織り ・藍染め ・紙漉き ・組み紐 を体験しました。 子どもたちは大きく3つのグループに分かれ、それぞれが体験したいものに参加してい…

ページ上部に戻る