津久井湖
2019月12月10日

津久井観撮レポートその4
「三太物語」

        【左から昭和27年、26年、28年、27年に公開された映画「三太物語」の看板】

この映画の原作者青木 茂は『終戦後、世の中が混乱、希望を失った時、「世の中に温かさ」を与えたい、「地上の天国」を創ろうという願いがぼつぜんと起きた』(青木茂著「週刊NHKラジオ新聞」第97号)。そして、その舞台は「山には数多くの獣がいなくてはならない。水は美しくなければいけない。(中略)川の淵は、カッパ、お花、トンビの巣、ほとけなぞ、奇しくも実存している土地。こここそ自分が選ぶ創作の場所の舞台」と筆を取り始めたのが相模原市緑区三ヶ木(旧津久井町三ヶ木)の道志川付近だった。
昭和21年(1946年)の雑誌「赤とんぼ」(実業の日本社)に「かっぱの三太」が掲載。続いて単行本も出版され、昭和25年と27年にはNHK連続ラジオドラマが放送される。さらに翌年、劇団民芸で「三太物語」を公演。さらに、映画も4本上映され、さらに、昭和36年(1961)にはフジテレビで連続ドラマとして放映された。そんなわけで、旧津久井は全国津々浦々まで知られるようになった。
時は流れ、今では忘れられがちだが、知る人に「三太物語」と声をかけると「おら~三太だ!」との声が返ってくる。

 

この橋脚は旧道志橋の名残である。大正13年(1924年)以前は奥の山道を下り船で道志川を渡っていたが、この年に道志橋が竣工。その後、昭和39年(1964年)に撤去され、同時に、写真の上にある新道志橋が完成し、現在も使われている。
この付近は三太たちが活躍した場所の一つ。映画「三太と千代ノ山」で左幸子の扮する花荻先生が泳いだのは橋脚左奥の淵(ウワガッパ)だ。
この橋脚の後方には、著者青木 茂が常宿していた旧三太旅館があった。現在はここから500mぐらい上流に移転している。

 

今の旅館の庭には青木 茂が刻んだ石碑が数基ある。
写真右奥の石碑には
「ここが道志川の主 仙爺さまの家だ。人玉になる術まで使い 川の見回りに出たんだ
昭和35年 青木 茂 」
とある。

 

そもそも著者青木 茂が最初に道志川を訪れたのは友達と釣りに来た時で、そこから、津久井との縁が始まる。
道志川は古くは江戸時代、将軍にアユを献上していたという。近年ではあるブログによると、形のいいアユを200匹釣ったと書かれている。また、所々に「アユとゴミは持ち帰ろう」と美化運動の看板まである。この様に道志川の魚といえばなんといってもアユなのである。三太の祖父 仙爺もアユ釣りの名人で、この物語によく出てくる。この写真の奥に見える橋は弁天橋で、この周辺で青木 茂自身もアユ釣りを堪能したことだろう。

弁天橋の奥には弁天淵があり、その上には弁天様のお堂がある。そして、さらに奥には横浜市水道局の青山沈でん池があり、ここから明治30年(1897年)以来、横浜方面に水道水が送られている。物語に登場するこれらの弁天淵やお堂や水道局は現実にあり、この近辺を散策していると、当時(昭和20年代)のことが想像でき、この物語の面白さを味わうことができる。

昭和26年(1951年)に発行された「小説 三太物語」(光文社)の解説を大佛次郎が書いているが、その一部を紹介すると
『私は日本にも成人の鑑賞に耐えうる童話が出たな、と感じ、心からうれしく思いました。それも東京にごく近い、じっさいにある山里を舞台にして生まれたことは、おどろいてよいことだと思いました。アスファルトやコンクリートで締めつけられ、文明の交通機関でおびやかされている現代の生活では、まったく夢も郷愁も成人に失われているのに、この「小説三太物語」は、率直に納得できる現実のなかで、狸や狐、猪などと私たちが簡単に握手できる、ふしぎな世界を開いて見せました。この世界に入ると、たれも心が純粋になり、現実の圧力でつぶされているいのちが、新しく生きる力を盛りかえしてきます。すぐれた文学とは、こういうものにちがいないのです。「小説三太物語」は、子供だけで読まずに、家庭の人の全部が読んで楽しいと感じるにちがいありません』と、書かれている。

68年前、すでに「アスファルトやコンクリートで締めつけられ、文明の交通機関でおびやかされている現代の生活」と感じていたことは、今や、慣れ切って何も感じなくなってきたのか。また、「現実の圧力でつぶされているいのち」感すら遠のき、今の不安定な社会が成り立ってしまった。
多大な犠牲を払った敗戦で日本人は、大きな重圧から解放された。そんな中で、庶民を描いた都会の生活ぶりは、長谷川町子の「サザエさん」に現れ、田舎のことはこの「三太物語」に書かれている。
サザエさんには実在する場所はないが、三太物語には相模原市緑区三ヶ木周辺という実在する場所がある。ぜひ、三太物語を読んで、三太旅館周辺を散策すると、正義と愛情とユーモアにあふれた三太が、心の中に宿ってくるのではないだろうか。

文章・写真:里の案内人 安川源通

 

関連リンク:津久井観撮レポート(はじめに)関連リンク:津久井と写真の共通点を見つめる -NPO法人里山津久井をまもる会 安川源通さん

 

おすすめの里の案内人記事

津久井湖 2020年1月28日

津久井観撮レポートその5
津久井在来大豆

日本食にとって欠かすことのできない大豆は、古くから栽培されていたが、1969年から始まったお米の生産調整によって経済性の高い作物生産への転換が進むにつれ注目され、さらに、21世紀当初から健康志向意識の向上や郷土食の見直しがあり、大豆の生産が活発になってきた。 神奈川県の在来系の大…