丹沢湖レストハウス~山北町健康福祉センター さくらの湯 (11月17日現在)

山北町

山道から見る紅葉(11月17日撮影)

先日は、山北町の三保ダムから西丹沢での山歩きをご紹介しましたが、その続きです。

山を下りて、お昼を食べに「丹沢湖レストハウス」に行きました。そこに向かうくねくねした山道の途中、紅葉が綺麗でしたので、ついつい車を止めて写真を撮ってしまいました。

丹沢湖レストハウス(11月17日撮影)

関連リンク:丹沢湖レストハウス

人気のあるレストハウスであることは事前に調べて知っていましたが、私が到着した頃は満席だったため、外で丹沢湖と山の木々を眺めながら待ちました。

20分ほど待ってお店に入りました。メニューを見ていてどれも美味しそうに思いましたが、猪肉はそうそう食べる機会はないため、猪鍋を注文しました。
その他にも、
・ワカサギ丼
・イワナの塩焼き
・ヤマメの塩焼き
を注文しました。

この丹沢湖エリアでは猪鍋や川魚は新鮮なようで、お店にいた他の方々も「猪鍋」を注文されていました。他には、丹沢ラーメンという山菜がたっぷり入ったラーメンや、信玄なべが人気のようでした。

猪鍋は味噌ベースのスープに野菜がたっぷり入った鍋で、うどんもたっぷり入っていました。また、他にもお漬物とご飯がセットになっていて、食が進みました。ワカサギ丼、ヤマメとイワナの塩焼きもあり、本当に美味しくいただきました。ヤマメとイワナは骨も食べられ、はらわたも苦くなく、頭を残して全部食べてしまいました。

猪鍋(11月17日撮影)

イワナの塩焼きとヤマメの塩焼き(11月17日撮影)

お昼を食べ終え、「洒水の滝」に向かいました。途中、渋滞に巻き込まれたため、通常なら30~40分で到着するところ、1時間強ほどかかりました。

「洒水の滝」は日本の滝百選の他、全国名水百選、かながわの景勝50選にも指定され、近年では2001年に「かながわ未来遺産100」にも選ばれていて、午前中に見た「下棚の滝」のように山奥にあるのではなく、駐車場から徒歩10分ぐらいのところにあり簡単に着きました。木々に囲まれた中に滝があり、景観は良かったですし、とても涼しかったです。到着したのはPM3:00を過ぎていましたが、観光客もちらほらいました。

洒水の滝に行く途中にお店があり、そこで「洒水の滝の水(ペットボトル2L)」が売られていて、私はそれを買って洒水の滝の水をためました。市販のペットボトルを持参し、ためている方々もいました。また、洒水の滝の水で作ったコーヒーも売っていて、観光に来ていた方々は美味しそうに飲んでいました。

洒水の滝の入口と湧水(11月17日撮影)

洒水の滝(11月17日撮影)

関連リンク:洒水の滝 その1関連リンク:洒水の滝 その2

滝を見終えて、山北町健康福祉センターにあるさくらの湯に向かいました。洒水の滝からは車で10分ぐらいのところで、夕方だったためか、かなり大勢の人がいました。地元の方々もいましたが、多くは家族連れでした。

温泉はちょうど良い温かさで、山歩きをしたこともあり、とても気持ち良かったです。露天風呂もあり、露天風呂のまわりにはちょっとした木々もあり、プチ紅葉を楽しむこともできました。
また、休憩室はかなり広く、畳が敷かれていて、お風呂上がりにはとてもリラックスできる環境でした。

山北町健康福祉センター さくらの湯(11月17日撮影)

関連リンク:山北町健康福祉センター さくらの湯関連リンク:さくらの湯の詳細

三保ダムの紅葉を楽しむことからはじまり、西丹沢での山歩きと紅葉観賞、丹沢名物を堪能して、かながわの景勝にも選ばれている滝を見て、温泉でリフレッシュ、十分に楽しむことができました。

紅葉の時期は終わりつつありますが、丹沢湖エリアは見所も多いため、ドライブには良いと思います。