ツツジと新緑の季節です

あいかわ公園でツツジを満喫

 2014年4月27日の日曜日は終日いいお天気でだったので、見頃のツツジを楽しもうと、あいかわ公園にやってきました。

 ゴールデンウィークが始まっているとあって、公園は老若男女で大賑わい。気温もぐんぐん上昇し、入口広場の噴水やパークセンター前の池には、涼を求める子供たちが大はしゃぎ。冒険の森の遊具にも長蛇の列ができていました。

 花の斜面のツツジも御覧の通り、青空の下、一面に輝いていました。

関連リンク:あいかわ公園

 ツツジと競い合うように木々もきらめいています。公園内の木々にも、周辺の山々にも、瑞々しい新緑が最高潮。

 パークセンターと宮ヶ瀬ダムを結ぶロードトレイン「愛ちゃん号」も、満員御礼。鯉のぼりをはためかせながら、緑の山の間を走り抜けています。

 4月29日には、恒例の「第12回あいかわ公園 つつじまつり」が予定されていますが、花の斜面には、まだまだツボミが固い品種もありましたし、新緑の美しさも当分続きそう。ゴールデンウィーク後半も、さらにその先も、まだまだ楽しめそうですね。

 

服部牧場も大賑わい

あいかわ公園のすぐ近くの服部牧場でも新緑をバックに馬や羊が悠々と草を食んでいます。

駐車スペースに迷い出て、一心にお食事中の羊もいます。大丈夫なのかなぁ?

関連リンク:服部牧場オフィシャルサイト

 服部牧場名物、顔を出す牛の間を超至近距離で通り抜けられる牛舎です。みなさん、ちょっとおっかなびっくりだったかな?

 牛舎の片隅では、ミニブタの赤ちゃんが、お母さんのお乳を奪い合っていました。この姿には、いつも癒されますなぁ。(アップしたの、何度目かな?)

 牧場は、相変わらず、たくさんの家族連れやカップルで賑わっていました。アイスクリーム工房「カサリンガ」や、昨年末にオーブンしたハム・ソーセージ工房も大人気のようです。

鳥居原には、まだ桜 !!

 さて、愛川町側から、宮ヶ瀬湖の北岸道路を抜けて、鳥居原園地に来てみると、なんと、まだ桜が咲いているではありませんか。真っ青な湖をバックに、清楚な桜の花が揺れるさまは、なかなかのものです。花びらが少し風に舞っていましたが、あと数日は楽しめそう。

 園地から見下ろす斜面には、一面のドウダンツツジも可憐な花をたくさんつけていました。

 宮ヶ瀬湖は、現在は満々と水をたたえ、新緑が湖水に映えてとても綺麗です。これから夏にかけては、洪水期に備えて貯水量を少しずつ落としていくので、今のうちに美しい景色を満喫しておきたいものです。

 遊覧船で水と緑の景観を堪能するのもよし。今年から、宮ヶ瀬湖カヌー場では、レンタルカヌーができる日もあるようですし、ゴールデンウィークから初夏にかけて、宮ヶ瀬湖周辺にはいろいろなお楽しみがありそうです。

関連リンク:財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団