秋の山北町川崎市交流事業開催!!

神奈川県山北町

コンニャク作りに皆さん興味津々

 11月に入り、水源地域の山の木々もようやく色づきはじめました。そんな秋の気配を感じられるようになった平成25年11月9日(土)、今年度第3回目となる山北町-川崎市交流事業が実施され、大人20名、子ども6名の計26名の川崎市民が山北町の旧共和小学校を訪れました。

 午前10時からの開会式後の最初のイベントは、コンニャク作り体験。まず、地元スタッフの方が、コンニャク芋をミキサーでかき混ぜ、鍋に火を通した後、参加者が液状になったコンニャクを順番にかき混ぜていきました。特に、子ども達はかき混ぜるほど固くなっていくコンニャクに興味津々でした!!

コンニャクはとても美味しかったです

関連リンク:前回の様子はこちらをご覧ください。

 コンニャク作り体験の後は、木工クラフト作り。こちらは、円形や六角形の木材コースターに、電熱ペンで絵付けを行い、マジックペンで色を付けた後、ニスを塗り、携帯ストラップを作成しました。
 また、牛の顔の形をした木材コースターに、バーナーで部分的に焦がして、顔をつくり、個性的な鍋蓋も併せて作成させました。

皆さん真剣に作業

個性的なストラップが完成!!

 昼食の後は旧共和小学校近くの林地で間伐体験。この事業ではすっかりお馴染みになりました。今回も、伐採する木に縄をかけ、地元スタッフの方がチェーンソーで切り込みを入れた後、参加者が縄を引っ張り、木を倒しました。木の倒れる瞬間は何度見ても圧巻です。

 最後は、下草刈り。場所は、旧共和小学校から10分ほど歩いた、クヌギの木を植えている山です。季節の関係で、草は少なめでしたが、クヌギの木をしっかり育てるために、皆さん一生懸命に下草刈りを行いました。

力をあわせて間伐の準備

木が倒れる瞬間はあっという間です

 こうして、第3回交流事業も、無事終了しました。

 今、山北町をはじめとした水源地域は紅葉シーズン真っ盛りです。皆様も是非、訪れてみて、秋の季節を満喫してください!!

 なお、山北町-川崎市交流事業は、来年度も実施する予定ですので、川崎市民の方は、楽しみにしていてください。