水源地域キャンペーンが開催されました!!

当日の様子

 水源地域の魅力をたくさんの人に発信すべく、平成25年9月21日と22日の両日、東名高速の海老名サービスエリア下り車線側で、水源地域キャンペーンが行われました。
 会場では、水源地域の観光等の情報提供やアンケート、やまなみグッズを始めとする地域特産品等の販売、郷土芸能の披露や、さまざまな体験教室が行われました。

 

 海老名サービスエリアは、連休中とあって早朝から大賑わい。多くの人に野菜やスイーツ、ジャムなどの地域特産品等をお買い求めいただきました。
 また、組紐(くみひも)やネイチャークラフトなどの体験教室にも多くの方に立ち寄っていただきました。

 そして、両日とも第7代相模原市観光親善大使の用川由梨奈(ようかわゆりな)さんにきていただき、伝統芸能のMCやアンケートのお手伝いをしていただきました。その様子は、相模原市観光親善大使公式ツイッターにも記載されていますので、そちらも是非ご覧ください。
 

組紐(くみひも)体験教室

相模原市観光親善大使

関連リンク:相模原市観光親善大使公式ツイッター

 用川さんがMCを務めた伝統芸能ですが、21日には、相模原市緑区城山地区の谷ヶ原囃子連がお囃子を演奏。岡目(おかめ)や狐のお面をかけた子どもたちの踊りに加えて、迫力ある獅子舞が楽しませてくれました。さらに、この日は県営水道マスコットキャラクター「カッピー」も登場し、大いに盛り上がりました。

谷ヶ原囃子連

親善大使と囃子連の皆さんとの記念撮影(右端にいるのがカッピーです)

 代わって22日には、清川村の青龍太鼓保存会が勇壮な太鼓の演奏を披露。この太鼓は、江戸時代から昭和初期にかけて煤ヶ谷地区で行われていた雨乞いの「雌龍・雄龍」を、清川村の伝統文化として再現した「青龍祭」で披露されているもので、こちらも子どもから大人まで一体となり打ち出された太鼓の音色がとても素敵で、大盛況でした。

 さて季節は秋本番です。水源地域では楽しいイベントや体験、きれいな花や紅葉、カヌーやハイキングなどが皆様をお待ちしています。
 この秋も、ぜひ水源地域にお越し下さい!!

青龍太鼓

レポート一覧