• 津久井湖
  • 名所・旧跡
  • 観光

加藤武雄文学碑

加藤武雄文学碑
加藤武雄は、明治21年5月3日川尻村に生まれ、若くしてその文才を発揮しました。新潮社に入社し、「トルストイ研究」「文章倶楽部」の編集に当たりました。代表作には、相模川周辺の美しい風景を舞台にした長編「悩ましき春」などがあります。この碑は昭和41年3月丹下健三の設計により建立されました(昭和61年68歳没)。
住所
神奈川県相模原市緑区川尻 加藤武雄文学碑