やまなみからの春だより 2012 ~その3~

雲居寺のシダレザクラ(2012年4月15日撮影)

■津久井・城山から花だより

本格的な春の陽気を迎えた津久井・城山地域からの花々の姿です。
まずは今年の雲居寺のシダレザクラから。風格ある枝ぶりの旧木は、少し葉桜になっていましたが、迫力ある姿を飾る花が見事です。

場所を移して津久井湖城山公園から。花の苑地の、津久井湖観光センターとは道をはさんだ城山の北斜面、桜の小道に咲き誇る桜の姿です。
そろそろ散り始めの葉桜になっていますが、まだまだ美しい花霞の頃を見ることができます。

津久井湖城山公園の桜(2012年4月15日撮影)

関連リンク: 津久井湖城山公園・花の苑地

花の苑地はその名の通り春花盛りの花壇で彩られ、桜と主役を競っています。写真はもう夕方で少し薄暗いのですが、鮮やかな競演を見せてくれています。

津久井湖をはさんだ水の苑地での一枚。菜の花畑と桜の春ならではのコンビネーションです。
四季折々の花で彩られた津久井湖城山公園は、これから様々なイベントが行われる舞台でもあります。各種情報は本サイトのイベント情報や、下のリンク先ページをご参照ください。

花の苑地、花の競演(2012年4月15日撮影)

水の苑地、菜の花と桜(2012年4月15日撮影)

関連リンク:津久井湖観光協会ホームページ関連リンク:津久井湖城山公園公式ホームページ

■宮ヶ瀬湖周辺近況

宮ヶ瀬湖畔園地から桜の近況が届きました。湖水と青空をバックに、満開の桜が春を歓迎しているようです。

ほとんど満開と言ってもいい園地内の桜ですが、まだまだつぼみが付いている木もあり、結構長い間楽しめそうです。今後の天気が写真のようなお花見日和が続くといいですね。

こちらは広場の様子。クリスマスイベントでツリーとして主役を演じるモミの木がバックです。
いろんな花が季節ごとの色に彩る湖畔園地ですが、写真では菜の花畑が鮮やかな色を見せてくれています。

湖畔園地の桜(2012年4月15日撮影)

ジャンボツリーをバックに(2012年4月15日撮影)

水の郷商店街プロムナードのミツバツツジもきれいな花を咲かせています。
ミツバツツジは湖畔園地だけでなく、清川、津久井、愛川のあちこちに、綺麗なピンクの花を咲かせています。ツツジの季節はこれから…愛川公園などの名所もありますから、やまなみの春の次の主役といえるかもしれません。

■相模湖交流センターから

県立相模湖交流センターさんから、相模湖の桜近況が届きました。
青々と水をたたえる相模湖をバックに、満開の桜がきれいな色を見せています。

相模湖公園内の桜はもちろん、湖畔を彩る桜もきれいに咲いています。
いろいろなイベントの舞台になる相模湖公園は、桜はもちろん、これからの季節様々な花で彩られてます。広場はお花見に格好のスペース。駅から近く、広い駐車場もありますので、やまなみの春を楽しみに是非お越しください。

鮮やかなミツバツツジ(2012年4月15日撮影)

交流センターからの桜と相模湖(2012年4月13日撮影)

関連リンク:宮ヶ瀬湖の情報(宮ヶ瀬ダム周辺振興財団ホームページ)関連リンク:県立相模湖交流センターホームページ

■藤野からの花だより

藤野地域からの桜だよりが届きました。藤野でも桜の開花は少し遅くなってしまいましたが、今は見事に花盛りを迎えつつあります。

送っていただいた写真は、相模原市緑区名倉にある“正念寺のしだれ桜”です。
樹齢270年以上とされるこの桜は、神奈川の名木100選にも指定されています。

正念寺は「藤野の芸術の道」にあり、道端には春の可愛い花がたくさん咲いています。
「山の目」などの芸術作品を鑑賞しながら遊歩道を歩くと、若葉の織り成す世界での森林浴が楽しめます。
山里の素朴な自然の中で新しい旅を発見してください。

【アクセス方法】
電車:JR中央本線 藤野駅下車 バス10分、徒歩40分
自家用車:中央自動車道相模湖ICから15分

正念寺のしだれ桜(2012年4月12日撮影)

見事な枝ぶりの銘木です(2012年4月12日撮影)