自然に親しもう〜やまなみリバートレッキング(後編)

清川村

こんな段差はなんのその

途中のちょっとした難所は砂防堤。水の中段差をよじ登るのは、小さな子どもには大変かな?と思いましたが、みんな身軽によじのぼっていきます。

難所をクリアして、さらに足取りも軽く上流へ!もう、水があろうが、岩があろうがへっちゃらといった気分になってきます。

足取りも軽く

関連リンク:きよかわアウトドアスポーツクラブ ホームページ

今度の砂防堤は、大人の背丈よりも高いところ…さっきのようには登れません。
「一人じゃ無理だよね?じゃどうするかな?…そう。下から押し上げてあげよう」
子ども達は協力して砂防堤上に一人を押し上げ、手がかりをさがしてよじのぼります。

上がった人は今度は下の人を引っ張り上げて…連携プレーで難所をどんどんクリア。
最後に残ってしまったのは大人の方でした。こちらも子どもがみんなで協力して引っ張り上げます。最後の一人まで登ってしまうと、一際大きな歓声!

今度は難所?

がんばってー!

自然の作ってくれた楽しい場所はいくらでもあります。こちらは上の枝から垂れた太いツルがブランコになっています。なんとも気持ちよさそうですね。

足元は涼しくて気持ちいいのですが、全身ぬれていますから体温は下がります。このあたりで、途中給水を兼ねての休憩です。

本当はここからまだ上流の滝まで歩いていくのですが、折から天候が悪くなり、雷も鳴ってきたため今回のトレッキングはここまでとなりました。
中断は残念ですが、雷が聞こえる範囲は落ちてくる可能性がある範囲でもあるということで、山のイベントでは大事を取るのが鉄則です。
今回はここで撤収。記念撮影をして川から上がることになりました。

こっちは天然ブランコ

みんな川につかって記念撮影

ライフジャケットとヘルメットを返却しながら、今回のトレッキングの話が弾みます。
子ども達からは
「あと10キロくらい歩きたかったなぁ」
という声も上がっていました。なんともタフな限りです。
こちらはお土産…最初に話のあった緑色の凝灰岩ですね。きれいなものが集まったようです。

最後は集合場所に戻って閉会式。
後は役場向かいにある「交流促進センター 清流の館」2階で昼食を取っての帰路となりました。親子で自然に親しみ、楽しんだことがなによりのお土産ですね。

お土産の石

おつかれさまでした!

■きよかわアウトドアスポーツクラブの活動

「きよかわアウトドアスポーツクラブ」では、今回のようなリバートレッキングの他にも、通年で宮ヶ瀬周辺を主としたノルディックウォーキングのような自然ツアーのインストラクターをつとめています。

スポーツについてはカヌーが主ですが、他にもアーチェリーなどの体験教室も年を通じて行っています。
これから秋にかけて、まだまだ行楽・スポーツのシーズンは続きます。やまなみ地域ならではの自然体験・スポーツ体験がしたい!という方は「きよかわアウトドアスポーツクラブ」にお問い合わせください。

やまなみ地域では他にも、自然に親しみ、自然を知るイベントがいろいろと開催されています。

■親子自然教室「渓谷てくてく生きもの観察会」

開催日:2012年9月22日(9:30〜15:30)
場所 :丹沢湖ビジターセンター周辺

丹沢湖ビジターセンターのスタッフが丹沢ならではの自然の楽しみ方をお伝えします。
鳥や虫などの観察ポイントを知ると、四季の楽しみが広がります。神奈川の大自然、丹沢に足を運んでみませんか。

■自然教室「山でのトラブル対処法」

開催日:2012年 10月 14日(10:00〜16:00)
場所 :西丹沢自然教室周辺

山での事故発生時にできるだけ早くプロに引き継ぐ方法を学びます。山でのトラブル対処法を知って安全に登山を楽しみましょう!
午前は室内講義、午後は周辺の登山道を歩きます。

ノルディックウォーキング

宮ヶ瀬湖でのカヌー教室

関連リンク:きよかわアウトドアスポーツクラブ ホームページ関連リンク:イベント情報:親子自然教室「渓谷てくてく生きもの観察会」関連リンク:イベント情報:自然教室「山でのトラブル対処法」