足柄茶農家がつくる素朴な漬物

山北町

峰の里の漬物

峰の里の漬物・「峰食品加工グループ」

足柄上郡山北町名産の足柄茶生産農家の仲良し三人組が手掛ける、素朴で美味しい自慢のお漬物のつくり手、峰の里の漬物「峰食品加工グループ」を訪ねました。

お得意の漬物加工技術

山北町の地元の町おこしに協力して、各自のお得意の漬物加工技術を持ち寄り、細谷啓子さん・細谷公美子さん・細谷菊代さんの仲の良い三人が立ち上げたのが、「峰食品加工グループ」です

特に自慢の梅干しは、地元足柄産の南高梅・十郎梅を 1トン買いし、白梅漬けと赤シソ漬けの漬物へと3年かけて仕込んでいきます。

6月に完熟梅を塩漬けにし、8月に三日三晩の土用干しをして汗をかかせ、天地返しをして2年寝かすという手間の掛け方もさることながら、梅酢液などを使わず、昔ながらの塩分18パーセントを守った本物ですので、長持ちします。

目の細かいネットで丁寧に赤シソを包み、段々に重ねた赤シソ漬けは香り高くおにぎり・お茶漬けにぴったりです。ネットでシソの葉を包むことにより、梅干にシソの葉がからまず美しい色づけと丹精な梅干が完成します。これもお得意の漬物加工技術です。

丹精な梅干をつくるための裏技の道具であるネットも、陽に当てて干されます。これも美味しい漬物をつくるためのプロセスです。

「峰食品加工グループ」の細谷啓子さん・細谷公美子さん・細谷菊代さん(左から)

地元足柄の梅を漬け込む

完熟梅を塩漬けにした本物

ネットでシソの葉を包む

陽に当てて干されるネット

意外なことに子供たちに大人気で、お弁当には必須のアイテムだとか。
また、梅酢で漬けた桜の花漬けは優しいピンクが美しく、混ぜご飯や縁起の良い桜茶としても評判が良いそうです。
同様に梅酢で漬けた紅ショウガも赤シソの自然な紅色が、純粋で素朴な「ものづくり」を思わせます。

これらの漬物のほか、季節に合わせて、らっきょう、きゃらぶき、生産が間に合わないほど人気の干し柿などを「道の駅・山北」の売店・青果場に出荷してます。
ここでしか味わうことができない、まさに山の里の本物の美味しさに出会えます。

山の上にぽつんと立つ加工場。美しい山里の新鮮な空気のこの地から、安全で美味しいものが作り出されていきます。

素朴で本物の漬物を作り出す加工所の中は、明るいおかあさんたちのパワフルな笑顔にあふれていました。

人気のお弁当アイテム

道の駅・山北に出荷

山の上にぽつんと

明るい笑顔に包まれて

主な販売店

■道の駅・山北
【所在地】〒258-0123 神奈川県足柄上郡山北町湯触317番地
【電話】0465-77-2882
【営業時間】午前9時~午後5時
【定休日】毎週月曜日
祝祭日の場合は翌日及び12月28日~1月3日
【アクセス】
[電車・バス]
JR御殿場線谷峨駅より県道76号線を徒歩約30分
[自家用車]
東名高速大井松田ICを松田・南足柄・山北・秦野方面に国道255号線方面に向かって出て国道246号線を進む、清水橋(交差点)を右折して県道76号線に入り県道沿い右側。

■山北観光案内所
【所在地】〒258-0113 神奈川県足柄上郡山北町山北1917-2
【電話】0465-75-2717
【営業時間】午前9時~午後5時
【定休日】年中無休
【アクセス】
[電車・バス]
JR御殿場線山北駅より徒歩1分