神奈川県指定銘菓「糸最中」

愛川町

神奈川県指定銘菓「糸最中」

愛川町 神奈川県指定銘菓 「糸最中」 (有)寿々喜菓子舗

本年度最後の「特集」となりました「つくり手をたずねて」は、神奈川県北部に位置する宮ヶ瀬湖から流れる中津川のほとりにほど近い、老舗の和菓子屋さんを訪ねました。その和菓子屋さんは「糸最中」という銘菓を考案し、製造販売する(有)寿々喜菓子舗(すずきかしほ)さんです。

創業は昭和22年・昔ながらの和菓子が本当に美味しい!

(有)寿々喜菓子舗は、宮ヶ瀬ダムから水をひく中津川のほとりにほど近い、静かな住宅地にあります。
まず、お店を正面にして、すぐに気がつくのが「神奈川県指定銘菓」という重厚な看板。そして「献上・糸最中」、まさに和菓子の老舗であることがわかります。

この地で、奇をてらわない昔ながらの素朴な和菓子「糸最中」を、ずっとつくり続けています。
「糸最中」の名の由来は、この愛川町半原地区が製糸業で栄えた町であることにちなんで命名されたそうです。
昭和46年に糸をかたどった最中の皮を考案したものです。それから、この独創的な最中を製造し、販売を続けて今日に至っています。
実は、たくさんの栄誉に輝く「糸最中」なのです。

さまざまな製糸道具を表現した最中の皮が独創的です。糸巻き器具、紡がれた糸など製糸業の面影が刻まれています。
懐かしい日本の業が「糸最中」に残されています。

(有)寿々喜菓子舗

独創的な和菓子「糸最中」

製糸道具が刻まれた最中の皮

銘菓のつくり手・和菓子職人

この銘菓をつくり続けているのが、ご主人の鈴木三郎さん、笑顔が優しい奥様の和代さん、誠実な息子さんの隆夫さんの家族3人だけで和菓子作りに励んでいます。

ご主人・息子さんと奥様でつくる「糸最中」には、和菓子職人の奥深さがたっぷり詰まっています。
原材料は、すべて国産のものだけとこだわりがあります。
最中の皮は「もち米」からできていて、良質な「もち米」からできた餅を薄く伸ばして型に入れて、サクっと焼き上げた皮だそうです。添加物を一斉使わない「もち米」の良し悪しで、皮の風味に違いがでるそうです。

和菓子職人の笑顔が光ります。
添加物を一斉使わない「もち米」からつくる皮も美味しさが格別です。
素朴に見える最中の皮に、実は、このような違いがあるのですね。
これが本物の和菓子の業です。
本当に良いものをつくる和菓子職人の姿がここにありました。

左から奥様の和代さん・ご主人の三郎さん・息子さんの隆夫さん

作業場所で糸最中を手にするご主人と息子さん

つくり手の笑顔

「糸最中」のなかは、北海道産の粒餡(つぶあん)!

その粒餡にもこだわりがあります。
毎日、北海道産の小豆を一度に40キログラムずつ、じっくりと丁寧に炊きあげているので、美味しい北海道産の小豆の風味をたくさん感じることができます。口どけのよさが自慢です。機械によって、大切な国産小豆を50グラムずつ計りながら「糸最中」の皮の中に詰められていきます。
そんな大切な北海道産の粒餡が「糸最中」には包まれています。

丹精(たんせい)込めてつくられた和菓子ができあがっていきます。できあがった「糸最中」を、ご主人の手によって丁寧に並べられていきます。
一日限定500個の「糸最中」。北海道産の小豆の粒餡!やっぱり美味しいですよね!

●栄誉の証!実直な業が評価されました

昭和五十年十一月三日
明治天皇への奉献銘菓として明治神宮菓道敬神會にて表彰されました。
「明治天皇 昭憲皇太后 両御祭神には御嘉納の御事と感銘に堪えません」「茲に謹みて感謝の意を表します」と記されていました。
重鎮な銘菓の証!存在感ある「糸最中」です。

昭和五十六年十一月二十七日
「糸最中」は「神奈川県指定銘菓」として指定されました。
その証書には「右の銘柄は品質意匠ともにすぐれ製造設備も良好であり銘菓としての風格を備えていると認められるので神奈川県銘菓に指定する」とあります。
品質・意匠(デザイン)、そして製造設備まで神奈川県が認めた逸品です。

また、神奈川県の水資源地域「やまなみ五湖地域」の特産品「やまなみグッズ」としても認定されています。

栄誉ある和菓子「糸最中」がここにありました。

風味豊な北海道産の小豆が詰められて

丁寧に並べられた糸最中

奉献銘菓彰

神奈川県銘菓指定証

やまなみグッズ認定証

●やはり老舗の和菓子がいいですね

「バターどらやき」も見つけました(1個130円)。バターと餡の組み合わせが絶妙なお菓子です。

他に、草餅・いちご大福・桜餅・うぐいす餅などもあります。和菓子が美味しい季節です。和菓子好きにはたまりませんね。

また、祝餅の御用命も受けられているそうです。

販売は店舗での直売が主ですが、最近では地方発送も増えているとのこと。北海道・大阪・三重などからも熱心なファンからご注文を頂くそうです。

整然と並べられ箱詰された奉献銘菓「糸最中」。1個140円(税込み)というお値打ちですが、和の風情と品の良さが感じとれる和装紙に折り込まれ、奉献銘菓の風格と重厚さがある箱詰商品がお薦めです。

・ 5個入り  850円(お箱代・包装代・税込み)
・10個入り 1,700円(お箱代・包装代・税込み)
・15個入り 2,600円(お箱代・包装代・税込み)
・20個入り 3,300円(お箱代・包装代・税込み)

ご贈答品に喜ばれます!

■(有)寿々喜菓子舗のご案内

【所在地】〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原4217
【電話】046-281-0245
【営業時間】午前8時30分~午後6時
【定休日】 水曜日
【アクセス】
[電車・バス]
小田急線本厚木駅下車、神奈川中央交通バス「系統厚02:1番のりば」より「半原(はんばら:田代経由)」行き「撚糸組合前 (ねんしくみあいまえ)」下車 バス停からすぐ
※大人550円、小人280円
[自家用車]
東名高速厚木ICを下り、国道129号線を厚木市街方面に向い、厚木市立病院前交差点を左折、国道412号線に入り、そのまま国道412号線を直進し半原小入口交差点を右折、県道54号線とのT字路を左折し県道54号線に入り、約200mほどの県道沿い右側

バターどらやき

整然と並べられた箱詰商品

寿々喜菓子舗・店内