新緑のブナ林へ行ってきました ~その2~

清川村

ワサビ沢出会い方面

◆ワサビ沢出会い道しるべ~塩水林道終点

1時間ほど進むと、ワサビ沢出会い方面への道しるべが見えてきます。ここを右に進んで、ワサビ沢の谷筋を歩いて塩水林道終点へと進むこともできるようですが、素直に林道を進みました。

※ワサビ沢は、ルートマップ上では北から流れ込んでいる沢です。

途中、ピークが見えてきますが、どうやら丹沢山のピークではなさそうです・・

林道左手に岩清水が湧き出ているポイントがあります。

ピークが見えていますが・・

岩清水が湧いていました

◆登山道入口~堂平ブナ林まで

右の写真は「塩水林道終点付近」。左手奥にある小屋が「国土交通省 堂平雨量観測所」です。

この写真の右手に見えている階段が丹沢山方面の登山道の入り口です(写真奥側が塩水橋方面ですので、雨量観測所が先に目に入ってきます)。

※これより先にも丹沢山方面の道しるべがありますが、登山道とはつながっておりませんのでご注意ください。

登山道入り口からは、スギ・ヒノキの林の中の登山道です。

土留めの木組が設置してありますが、段差も低く歩きやすく、整備も良くされた林床には、植物が多く生えている気持ち良い登山道でした。

登山道には、ロープが張られており林内には不用意に入れないようになっています。また、所々にリタートラップ(植生保護柵)が設置されているのが目に入ってきます。

現在、丹沢では「ブナ林の再生」をはじめとする自然再生事業が展開されています。

登山道入り口から600mほど進んだベンチで一休みです。

いよいよ「堂平のブナ林」です・・

丹沢方面への登山口です

登山道の様子

リタートラップ

ベンチです。