山北町探訪と紫陽花(あじさい)のかおり ~その3~

山北町

山北町の芸術家が集います。

◆山北町の芸術家が集います!

 商店街を歩いていると気になった看板が目に入りました。さっそく「お店」?に入って見ますと、そこには興味深い彫刻がたくさんありました。ここは、山北町の9割が山で囲まれた自然豊かな環境の中、間伐材を利用した彫刻制作を新事業とし、山北町の商店街で活動することで地域の活性化を担い産官学の連携で地域に根付いたアートの可能性を追求するNPO(特定非営利活動)法人「ウッドボイス」でした。事務局長の細見宏一郎さんがご親切に説明をして頂きました。

商店街を活性化させようと「学」の意味で毎年大学生を山北町に招いて、あるテーマに沿って作品制作や町の中で展示やスタンプラリーを行い、地域の歴史や風土を感じてほしいと彫刻家の蘭二朗(らんじろう)さんを中心に活動を行っているそうです。

昨年の学生さんの芸術作品のテーマは、「動物」だったそうです。今年の夏のテーマは、「山北町で出会った人をつくる」を設けるそうです。心温まる芸術家の人々の姿が目に浮かびます。蘭さんの穏やかな振る舞いから、やさしさを感じたホっとした時間を過ごせました。
 山北町には人々の温かさがありました。

■「NPO法人ウッドボイス」のご案内

【所在地】〒258-0113 神奈川県足柄郡山北町山北1870
【電話】0465-43-6033
【FAX】 0465-43-6034
【アクセス】
[電車・バス]
 JR御殿場線山北駅下車、山北駅前大通り
[自家用車]
 東名高速道路「大井松田インターチェンジ」下り国道243号線に入り、国道256号線を山梨方面に向けて左折、約4km進み「山北駅」を左折してすぐ。

彫刻家 蘭二朗さん

関連リンク:「ウッドボイス」ホームページ

楽しい芸術品が揃います

■取材後記

 初めての山北町探訪には、驚きがたくさんでした。まず、「中川温泉」の泉質の良さとせせらぎの静けさです。また、空気が澄んでいて清々しい気分になりました。「信玄館」の和の清楚さと質の高さ、「田中屋肉店」の「メンチカツ」「炭火紅焼豚」の美味しさ町のグルメを実感しました。「NPO法人ウッドボイス」さんの心温まる彫刻や活動にたくさんの発見がありました。
 山北町に「また来たい!」と心から思いました。癒される一日を過ごすことができました。
 「紫陽花(あじさい)のかおり」を感じることが出来るのはきっともうすぐですね。隣町の開成町では、6月5日から「開成あじさい祭」が6月13日まで開催されるとのことでした。
 取材にご協力を頂きました山北町産業観光課商工観光班・木名瀬真吾(きなせしんご)さん「ありがとうございました。これからも山北町を心癒される町にしてくださいね。」また、この町に参ります。

■次回予告

 次回は「家族で行く秘湯と歴史の地を訪ねて」も、この山北町周辺の温泉を、山北町観光協会事務局長・渡辺悟さんのご協力で公開する予定です。ご期待ください。

山北町 産業観光課 商工観光班 木名瀬真吾さん